ドラゴンボールヒーローズ JM編 稼働(43日目)「超ボスのムキムキで攻撃する度にパワー3000アップする野郎と戦ってきた!」

にほんブログ村 アニメブログ ドラゴンボールへ

こんばんわ!!管理人です!!

今回はドラゴンボールヒーローズ JM4弾稼働2回目!!

武道会編は超ボスは前回速攻負けたので今回は超ボスのブロリーに挑戦です!!

前回の超ボス、ブロリーの恐ろしさはわかったので今回は対ブロリー用にデッキを考えて作りました!!

3.20 アバターカード

アバター

レベル48

HP 2743

パワー 3913

ガード 1648

5.19 ロボット兵 JM2弾

ロボット兵(JM2弾)

5.19 ロボット兵 JM3弾

ロボット兵(JM3弾)

5.19 ベビー:少年隊

ベビー:少年体(JM1弾)

5.19 ベジータ:GT,/p>

ベジータ:GT(カードグミ11)

っというデッキ。

敵はブロリー1人で連続で攻撃もしてくることはないので良いのですが厄介なのが1回攻撃する度にパワーが3000も上がるんですよねw

っというワケでできるだけ少ない攻撃で大ダメージを与えれるように全員バーサーカータイプで統一しました。

とりあえず連係攻撃で少ない攻撃で大きなダメージを与えようということです!!

っというワケでバトル開始!

1ラウンド目はロボット兵2体をアタッカーに。

そして敵の先攻でいきなり攻撃をくらってしまいます。

しかしこちらもロボット兵連係攻撃見事成功させるも少ダメージでさっそくパワー3000アップw

2ラウンド目でベジータ:GTにベビー:少年体が寄生してベジータベビーに。

5.19 ベジータベビー

そしてアバターとベジータベビーをアタッカーに。

またもや敵からの攻撃でしたがなんとかガード成功。

そしてこちらのベジータベビー、アバターの攻撃は見事成功。

そしてちょっと気になっていたベビー:少年体のベジータ:GTに寄生したときの能力。

毎ラウンド自分の戦闘力2倍&気力回復。

さらに合体したときのパートナーの気力が多ければ多いほど敵に与えるダメージがアップする。

ということなですがーなんとベジータベビーになり攻撃をするときに「敵に与えるダメージ3倍」の文字が。

3倍はデカイですよね!

そしてブロリーに超ダメージ!!

3ラウンド目はベジータベビー、ロボット兵2体をアタッカーに。

そしてロボット兵(JM2弾)のロックオンでブロリーのパワーを1に。

敵からの先攻だったんですがロボスキルで敵の攻撃を35%軽減する。

そしてこちらの攻撃はロボット兵(JM2弾)の単体攻撃、ベジータベビーとロボット兵(JM3弾)の攻撃を見事成功させてK.O!!

5.19 ビックバンアタック

ビックバンアタックを写メっておきました。

5.19 勝利

今日はチャージインパクトの調子が良くで助かりましたw

いやぁーベジータベビー超カッコイイですね!!

前々から使いたいとは思っていたんですがベジータ:GTの超サイヤ人持ってなかったんですよね・・・

JM1弾のは1枚持っていたんですが僕のスタイルとして基本的にカード集め主体なので2枚以上ダブったら遊ぶ用に使うということで(キズをつけたくないので)ベジータ:GTの超サイヤ人をゲットするためドラゴンボールヒーローズ カードグミ11を箱ごと購入しましたw

今さらですがドラゴンボールヒーローズ カードグミ11を箱ごと購入しましたw

そして無事に2枚出たので今回のデッキに使ってみたんですが強いですし超カッコイイ!!

対ブロリー戦ということでバトルタイプをバーサーカーに統一したかったんですがちょうどベビー:少年体もバーサーカーで良かったです!

ベジータベビーこんな強かったとはw・・・

そして今日ゲットしたレアカード!!

5.19 孫悟天:GT

孫悟天:GT

ヒーロータイプ

HP 2300

パワー 2400

ガード 2000

かめはめ波 消費エナジー5

アビリティは分け合う仙豆

自分の気力がピンチの時、自分と気力がピンチまたはきぜつしている仲間の気力を回復し、自分チームのHPを500回復する。(1回限り)

フュージョン

パートナー

トランクス:GT(超サイヤ人)

2ラウンド目以降パートナーと合体可能。

合体後、毎ラウンド自分の戦闘力2倍&気力回復。

さらに、敵に与えるダメージが2倍になり、敵のガードとダメージ軽減効果を無効にして攻撃する。

超ボス、ブロリーとバトルした後にも簡単なミッションで遊んだんですがゲットしたレアカードはこの1枚のみでした・・・

JM4弾の稼働が始まって休日だとドラゴンボールヒーローズはけっこう人多いですがまぁーのんびりだらだらと稼働していきたいと思います!!

Similar Posts:

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ